アマモリプラス ブログパーツUL5
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 第13回古町音楽祭ありがとうございました! | main | ミステリーなほうのツアーとその次の日 >>
一昨日見た夢、発売です。
ちがったこれは一昨日見た夢だ
日毎夜毎に境がなくなる

(M6-消えた物語)



発売しました!
いろんなところで買えます。

iTunes & Apple Music

TOWER RECORDS

HMV

Amazon

(↑たとえば)


iPhoneImage.png

amamori 1st mini album
『一昨日見た夢』
¥1800+税
Pythagora Records
PTGR-001
10/11(水)発売
(9/6(水)Release Partyより先行発売)

1.MASK
2.これは恋?
3.窓
4.箱
5.夜が見てた
6.消えた物語
7.帰郷


Veemobさんで、
アルバムのご紹介、
インタビュー、
ご掲載いただきました。
すてきな写真もたくさん撮っていただきました。
つくりはじめから曲のことからいろいろお話ししました。



本当にあったことなのか、いつか見た夢なのか、
現実がなんだかわからなくても、
今いる場所がわからなくても、
でも、わたしは存在している。たぶん。


いろーーーーんなことがあって、
いろんな方の力をたくさんたくさんお借りして、
ようやくamamoriのCD、発売できました。
いまのわたしの精一杯です。
ここからスタートです。
CDもってあちこち行きます。
いろんな方に届きますように!

遊園地でいろんな乗り物に乗っていくみたいに、
短編小説や絵本のページをめくるみたいに、
わたしの宝物が、誰かの何かになりますように。





amamori 1st mini album "一昨日見た夢" trailer




amamori - 帰郷 (Homecoming) Music Video



作詞・作曲・歌 amamori

ピアノ amamori(M1,3,4,5,7)
ドラム まぁびぃ(M1,3,4)
ベース ドラ内山(ビーチ・バージョン、ふたりの文学)(M1,2,6)
アレンジ ドラ内山、amamori(M2)
ギター 大森弘樹(ビーチ・バージョン)(M2)
キーボード 本間太郎(M3,6)
ギター 矢矧暁(3markets[ ])(M6)
ドラム masaton.(3markets[ ])(M6)

アートワーク 清水美和

MV撮影・編集 おっきー


コメントをいただきました(五十音順、敬称略)

石川浩司(パスカルズ、ホルモン鉄道、ex.たま)
おや、ピアノの中に隠れてるのはamamoriだな。彼女の目や耳や鼻から鍵盤が跳び出してきたぞ。つかまえろ!

石原正康(幻冬舎 編集者)
7曲。それぞれが星座のように物語を持つ歌だ。「夜が見てた」でも分かるが、いっときの喜びを求めるようでいて、実は遥かな永遠につながる骨太な愛情がamamoriの強みだろう。
その愛は飢餓状態のようで、じっとしていない。人と人の関係に新しい定規をあてて、誰もが描いていない未知の感情の言葉をこの先も探し続けるのだ。
愛犬にも似た抜群のピアノ演奏を従えて。

磯貝サイモン(シンガーソングライター)
彼女の心から身体から剥がれ落ちるもの。それがamamoriの音楽。
無骨なピアノと歌はありのままの姿。
人をドキドキさせるそのセンスで、心の隙間にするすると入り込んできます。
出れんのサマソニで出会ってから4年。ますます楽しみです!

高岡洋詞(フリー編集者/ライター)
 2014年12月。今はなきNOTTV『MUSICにゅっと。』のオーディションで、僕はamamoriに審査員特別賞を授与した。「パセリが枯れた!」の弾き語りは衝撃的だった。
 以来3年間、「早くCD作ってよ」と言い続けていたが、不安もあった。さまざまな編成でのライブを見たが、なかなか弾き語りのインパクトを超えない。やはり弾き語りが一番、彼女の才能を的確に伝えているのでは……と思っていた。
 完成した『一昨日見た夢』を聴いた。一曲ごとに異なる編成で届けられる7曲に、初見の弾き語りに匹敵する衝撃を受けた。amamoriならではのパワーも優雅さも存分に味わえた。不安は払拭された。素晴らしいアーティストの魅力をバランスよくパッケージした、素晴らしいミニアルバムである。
 楽しさ、せつなさ、悲しみ、怒り。amamoriはさまざまな感情を歌う。そして聴く者が最初に抱く感情は、そのいずれでもない。驚きである。
スポンサーサイト
COMMENT