アマモリプラス ブログパーツUL5
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アコースティックとエレクトロニクスの室内楽 | main | オジーがすげー本を出した/プロフィール写真が新しくなりました >>
本の話-エッセイの巻
ところで最近もりだくさんで書きそびれた、大学のときの先生のリートのコンサートに行ってきました。
近代ドイツ歌曲ったらなんかようわからんイメージを持っていたのですがすっかり塗り替えられた!
マーラーやべえ!ベルクやべえ!とテンションうなぎのぼり。
ベルクってシェーンベルクからシェーン抜いたひとでしょ?
とか思っててごめんなさい。
脳みそからなんか出てきました。
久しぶりにお会いした先生もお元気そうでよかった。





小難しくなくてお風呂でも電車でも読めて大爆笑だったやつ。

120308_0031~01.jpg

気になる部分/岸本佐知子

翻訳家の岸本佐知子さんのエッセイ。
なんかもうその「いやいやいや!冗談だろー!」と言いたくなってしまうような感性と言葉のセンス。
そしてちょっぴりかなしくなった。なぜだか。


120308_0030~01.jpg

絶叫委員会/穂村弘

みんなだいすきほむほむ。歌人。
よくわたしは「また表紙(帯、タイトル)に騙された」とくやしい思いをするのですが、珍しく表紙に引かれてそれ以上に中身がおもしろかった。





今日は2:00までに寝るつもり!
ビリー・ジョエル聴きながらあまもりでした。

Next Live→3/14(水)下北沢LOFT!
スポンサーサイト
>ベルクってシェーンベルクからシェーン抜いたひとでしょ?
それは一度は通る道(笑)
時代的に重なるってのがまた。
トミー | 2012/03/08 11:18
>トミーさん
ね!しかもシェーンベルクの方が「月に憑かれたピエロ」とか厨二心がうずくからどうも印象強いし!笑
ベルク、今まで思ってたよりずっと聴きやすくてびっくりした。
わたしもおとなになったんでしょうか。
amamori | 2012/03/08 19:39
ベルクはたしか調性ベースで十二音均等に扱おうってやつで、
シェーンベルクは調性すらぶち壊しちまえってなかんじだった記憶。
あんまおぼえてないけど。

ところで14日はトリだそうですが、それは何時ごろの出演になりますか?

追記:3月9日のエントリーにコメントができない…あれれ?
トミー | 2012/03/10 07:57
>トミーさん
なんと!コメント受け付けない設定になってました!
なおしたのでもうできるはず!!

そうなんですね!ひゃー勉強になった!
とりあえずシェーンベルクの弟子ってこととヴォツェックとルルのイメージしかない音大卒のワタシ´`w

14日の時間も抜けてた・・・21:00頃からの予定です♪
amamori | 2012/03/10 12:30
こんにちは。コントラバスの池上です。ブログをつらつら拝見していたら岸本さんの「気になる部分」が。私もこの本、大好きです。ちなみに同じく岸本さんの「ねにもつタイプ」も変な感性が爆発してておすすめです。
池上秀夫 | 2012/03/13 08:49
>池上秀夫さん
わー!!コメントありがとうございます*´`*
池上さんも岸本さんの本お読みになるんですね!
わたし気になる部分で初めて岸本さんの本読んだので、衝撃でした・・・笑
ねにもつタイプも読んだことないので読んでみます、ありがとうございます♪
amamori | 2012/03/13 22:45
COMMENT